飲む日焼け止め

東北地方を除いて、全国的に梅雨明けしましたね。いよいよ夏本番!

海に山に、キャンプにとアウトドアの季節、特に女性は日焼け対策が大変だと思います。

最近は、飲む日焼け止めなる商品があるんだとか。

images.jpg

飲むって、どうなの?と最初は思いましたが、美容医療の専門医師が監修し、安心安全の日本製商品なので、問題はなさそうですね。

むしろ、従来の日焼け止めクリームなどは、炎症や過度の乾燥を引き起こして、対応しだいでは医師の治療を必要とする場合にもなりかねないとか。

それに塗るタイプだと面倒くさそうだし、塗りムラや塗りもれに神経使いそうです。

飲むタイプ、楽そう♪





ポータブル空気清浄機

空気清浄機は様々な種類のものがありますが、リビングなどにドンと置いてガッツリ清浄!とかではなく、車内やデスク周りやペット用トイレなど、ちょっとした空間向けのものもあってよいと思います。

ポータブル空気清浄機 Aircare OA005Jは、こういったプチ清浄に適したポータブルタイプの空気清浄機です。

kuuki_seijyouki.png

ポイントは、空気の汚れ具合が数値化されている点。3段階や5段階の目盛りではなく、数字だとリアルに感じます。

大きさ、形はペットボトルと同じくらいなので、車内ではカップホルダーにピッタリと入ります。

気負わずにプチ清浄といったシーンにふさわしいグッズです。

眠気制御技術

誰でも必ず経験のある「眠気」。

勉強中や仕事中、運転中などにくる眠気は、集中力などといった精神論だけでは解決できないケースもあり厄介なものです。

パナソニックがこの問題を解決すべく、眠気制御技術の開発に成功したそうです。

これはかなり画期的だと個人的には思います。

今までも眠気検知システムはあるにはあったらしいのですが、眠気推移の予測は困難だったそうです。

そして眠気を感知した場合でもアラート音や振動などで、無理矢理起こすため、使用者の快適性が損なわれていましたが、今回開発されたシステムでは「快適にドライバーの覚醒状態を維持させる」とあります。

空調やその他の技術を駆使して、快適な空間が作られるようです。

car_inemuri.png

実用化は少し先のようですが、車に装備されれば居眠り運転が減り、事故も相当少なくなるでしょう。

技術の進歩は我々の生活を便利にするとともに、安全性も高めてくれるんですね。